大会の仕組み COMPETITION

「Rainbow Six Japan Open 2021 (RJO 2021)」は誰でも参加できる賞金総額500万円のOpen大会です。
大会は2シーズンにわたって開催され、各大会の優勝・準優勝チームには9-10月に開催される「Rainbow Six Japan Championship 2021」にシードチームとして参加できる権利が与えられるほか、「Rainbow Six Japan League 2022」へ向けた昇格戦への参加権が与えられます。

※Season2の1位,2位がSeason1の1位,2位と重複した場合、Season2の3位以下を繰り上げします。

賞金内訳
PRIZE

¥1,000,000
¥500,000
¥300,000
¥200,000
4チーム
¥125,000

フェーズ
PHASE

RJO 2021のシーズン内では3つのフェーズに分けられて進行します。

予選Phase1
参加チームは16グループに分けられ、ダブルエリミネーション形式のトーナメントで競います。Winner’s Bracketで勝ち残ったチームは1位シード、Loser’s Bracketで勝ち残ったチームは2位シードとして、予選Phase2へ参加できます。予選Phase1は2日間にわたって行われます。
予選Phase2
勝ち残った32チームは4つのグループに分けられ、シングルエリミネーション形式のトーナメントで競います。各トーナメントの1位は1位シード、2位は2位シードとして決勝へ参加できます。
決勝
予選を勝ち抜いた8チームがシングルエリミネーション形式のトーナメントで優勝を目指します。